読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正しい生活

お金があってもなくても、正しい生活をおくる。

ララランド観ました?感想書いていいですか。

 こんばんは。

 

アカデミー賞も終わって暫く経ちますね。

ハドソン川の奇跡がひとつ部門しかノミネートされていなかった事にさみしさを覚えました。

やまでです。

 

前代未聞の間違えた!作品賞受賞でしたが、

ララランド。

観ました?皆さん。

おおむね絶賛だった

ララランド。

 

私も観ましたよ。

良かったですね。

でも、

大手を振って、めっっちゃ良かったね!!ね!!!

絶対観てよね!!あ、もっかい観たいからいっしょ行く?!

 

っては、

ならなかったんですよね....

 

いや、良かったんですよ?

良かったんですが、

なんていうか、

 

う〜ん......

 

 

私はミュージカル映画好きですし、

古い王道のミュージカル映画も、

それこそグリーみたいなのも割と好きです。

でも今回のララランド、いまいち乗れなかったのはなんでなんだろう...

 

結構数日、いや数週間考えていました。

すると、

世代と性別によって感想が分かれるのが原因なのではないか?

という結論に達しました。

 

 

今回のララランドは、古き良き伝統のハリウッドミュージカルへのオマージュがたくさんつめこまれていました。

ストーリーに関しても先人へのリスペクトが込められた内容になっています。

メジャーな所で言うと、

雨に唄えば』も、売れない大部屋女優が、売れっ子俳優に見初められてはじまる映画でした。

ララランドも売れない女優志望と、(最初は売れてないけど)売れ始めたアーティストの話です。

 

ただし、ラストの描き方がまったく違います。

雨に唄えばはハッピーエンドです。

ララランドは...ちょっぴり悲しいラストですよね?

 

どちらも夢を叶えたという点では幸せな終わり方かもしれません。

しかしあのどこか哀愁漂う終わり方。

マイ・フェア・レディ』のラストに近い後味が私には残りました。

 

私より年の若い男の子たち(20代前半)に感想を聞く機会がありました。

ある子は、今の自分と重ね合わせてガツン!ときたと語っており、

またある子は、女っていつもああなんだな...となにか含みのある感想を、空を見ながら呟いておりました。

 

私はというと、

なんだか主人公2人の若さがまぶしく、

自分にはもうない、お互いのまじわらなさとその思い出の美しさに、

ちょっと気後れしてしまったんですよね!!

なんでだろ!!

 

往年のハリウッドミュージカルは、セットの豪華さや俳優女優のきらびやかさがもたらすある種の「距離感」を持っていますが、

ララランドは良くも悪くもその「距離感」が近すぎて、

私にはどこの立ち位置で見ればいいのか....???

なんだか消化不良となってしまったのでした。

 

しかし、監督のデイミアン・チャゼル、

まだ30代前半なんですよね...

私と年が近いのに、あんなに壮大な映画が撮れるなんて、尊敬します。

 

 

私は自分の生活をしっかりしようと思ったのでした。

 

おしまい。

 

 

でも、いい映画でしたよ。